患者さんの声

頭痛

ひどい頭痛で受験勉強ができなかった小6の娘。入試時期には頭痛もおさまり、あきらめかけていた第一志望の中学に合格できました!

ひどい頭痛で受験勉強ができなかった小6の娘。入試時期には頭痛もおさまり、あきらめかけていた第一志望の中学に合格できました!

奥田さんのお母さま

ひどい頭痛で学校を休みがち。笑顔もなくなり、受験勉強がまったくできない・・・。

まず、娘さんはどういう症状だったのですか。

小学6年になるぐらいの時からすごく頭痛がひどくなって。それと合わせて、女の子なので生理がはじまって。それでホルモンのバランスが不安定というのも影響していたのか、生理痛もひどいし、頭痛もひどい状態でした。

学校は休みがちでした。朝遅れて行ったり、行っても保健室に行っては早退する。這うよう状態を迎えに行って車に乗せるみたいな状態でした。もともとすごく明るい子だったんですね。元気でいつも笑っているような子だったんですが、笑顔がなくなったんです。笑えないぐらいに頭が痛くて、いつもふさいでいるような状態だったんです。これをなんとかしてあげたいと思って。

中学受験を控えてましたので、勉強もしなくてはいけないけど、頭が痛くてできない、お腹が痛くてできないという状態が続いてました。受験の天王山と言われる夏休みにほとんど勉強ができず、かなり不安と焦りを抱えていました。

病院で出される薬や漢方は効果がなく。医師に「もう生理を止めようか」と言われたことも。

こちらに来られるまで病院などは行きましたか?

まず小児科に行きました。痛み止めをたくさんいただくのですが、それでも効かなくて。生理もひどいので今度は婦人科にいったら、そこでもお薬がいっぱい出まして。痛み止めと漢方薬です。体質を改善しましょうということで、漢方は毎日3種類ぐらい飲んでいました。

最初はちょっと漢方薬が効いたのかなと思ったんですけど、また次に予約している辺りでは「やっぱり痛い」と言い出して。じゃあこれに替えてみようかと言われ替えてみて、それもなんとなく効いているような効いていないような。それでも学校にちゃんと行けるようになったわけでもないし、やらないといけないことができているわけでもないし、という感じで。

それで婦人科も2件行ったんですけど、その2件の先生に「じゃあ、もう生理止めようか」と言われたんですね。恐ろしいと思いました。もうここには来れないと思って、前の病院にも行けないと思って悩んでいました。

先生の真摯な態度とお人柄、そして現状をしっかり説明してくれました。

施術をつづけると決断された理由は?

パッと院に入ったときに、先生のお顔を見たときに、初めて会った気がしなかったんですよ。私も、娘も。どこで会ったか思い出したくなるぐらいの感じだったんですけど、それが先生の第一印象だったんです。
で、「実際成果がでるかどうかは、やってみないとわからない」ということだったので、どうなのかなという不安はあったんですが、先生のお人柄が信頼できると思いました。

それに、背骨と頭蓋骨の見本を持ってきてくださって。娘を診ていただいた後に、どういう状態に今なってるかというのを、両方使って説明してくださったんですよね。この首のあたりが硬いと。そういう説明を今まで受けたことがなかったですし、他の接骨院に行っても。

どのぐらいで良くなるのか不安はありませんでしたか?

「まずは3か月ぐらい」と言われました。良くなったり、悪くなったりが1、2か月にはあって、3か月目ぐらいからぐっと上がっていってその先安定していくでしょう、という説明でした。
その時がもう秋で10月だったと思うんですが、3ヶ月ならなんとか受験に間に合うと。中学受験が1月だったんですよね。その間になんとかしてもらえたらありがたいなと思って。
掛け持ちして他を探すとかいう余裕も時間もないですし、通うこともまたどっか探してということは難しいですし。とにかくかけてみようと思いました。

「神の手だね、先生の手は」

施術の印象はどうでしたか?

娘は「先生の治療はぜんぜん痛くない」と言っていました。
頭蓋骨を触ってもらったり、首を触ってもらったり。で、うつむいて背中と首と腰ですかね、揺らしてもらったりとか。なんか見てても、今までとは全然違うので、正直効くのかなと思いました。
でも、それがだんだん効いてきたので、もう家では「神の手だねっと、先生の手は」と。私は先生の施術を受けていないので娘に聞いてみると、ほんとにこんな感じでさすっているだけなのに「すごい気持ちいい」ということでした。それもまた衝撃でした。

他にどういった指導を受けたか覚えていますか?

はじめにウォーキングをするようにと言われました。最低2日に1回は歩くようにということで、2人で朝起きて歩いたりしました。あと元気玉の呼吸法、足の運動、首の運動を教えてもらいましたね。

先生がおっしゃった大事なことは、先生ご自身も必死で治すことをする。だから受けるだけではだめだと。受ける者自身も、治るためにやるべきことをやるという意識をちゃんと持ってください。ということを最初の施術の時に言われました。

こちらも治りたくてここに来ているので、それはちゃんとしようね。という話をして、「まず、歩くこと」と言われたから、じゃあ歩こうという感じです。

娘がお薬ポーチを置いて家を出ていったとき、「わあ!」と思いました(笑)。

施術を開始して変化はありましたか?

何回目ぐらいだったんだろう?それは忘れましたけど、先生が上がっていくとおっしゃった3週間を超えたあたり…1か月目ぐらいでお薬を飲まなくてもよくなったんですね。
娘が学校行く前に、お薬がいっぱい入ったポーチを「もういらない」といってテーブルに置いていったんです。その時に「わあ!」と思いました(笑)。治療が効いてるんだと思いました。
「どう?」と聞いたら、「あっ、そういえば、痛くない」という日が後半になったら増えていって。

それから通院が楽しくなったようです。家から1時間ぐらいですが、体は楽になるし、南船場はおしゃれですし。帰りにちょっとイタリアンとか食べれるし。逆に「いつ行く?今度いつ行ける?」みたいな感じでしたね。

1月の受験までには、頭痛がでるときはまだ時々はありましたが、だいぶ症状的には良くなっていました。受験に合わせて「ここはおさえてこう」という時は施術の予約を入れてくださったので。「当日をちゃんと迎えるためにこの辺に入れておこう」という感じで。
私たちもその日に入れてもらうことで、安心感もありましたし。

合格した中学で担任の先生との交流で、3行日記に書くんです。この前も調子が悪くなってまた診てもらったんですけど、その時も、「今日は院に行って楽になった。やっぱりすごい、感謝です」と書いてましたね。学校の先生、どう思ってらっしゃるのか(笑)

受験に間に合う。そして見事に合格!

で、第一志望に合格されたんですよね。

はい!もう、夏前のことを思ったら夢のような話ですね。もう諦めようかと思った時も多々ありましたし。もう1ランク下の学校にすることも考えていました。

もし、あるてらすがなかったら、今ごろどうしていると思いますか?

いやー、どうかな。まず痛みの改善もされてないと思いますし、だましだましのお薬をずっと飲んでると思います。あと夢もかなっているのかな、たぶん叶わなかった可能性が高いかなっと。
だから、あきらめた先を進んでたという感じですかね、親子で。「でも仕方ないよね、これしか」という毎日を過ごしてたんじゃないかなと思います。こちらでいい体験させてもらったので、反対に悪いほうを考えると恐ろしいです。
今そんなこと考えると、涙が出てきます。

私の腰痛と息子の腹痛や倦怠感もだいぶマシなりました。

お母さん、息子さん、旦那さんも家族全員が施術を受けていると聞きましたが

はい、私は腰痛です。
今までのようなツラい腰痛が治って、痛い日もたまにあるんですけど、前ほどない状態の日が多いのです。どうしてこんな風になったのかを先生にお聞きしているうちに、自分自身の考え方であったりとか、リラックスの仕方であったりとか、そんな点が今までできてなかった、方法が違った。リラックスしているつもりのことが、できてなかったんです。

ストレッチとか体操、教えていただいたのでそれをちょっと続けていると、体が楽だし、前のような痛みがないので、「あっ、また山に登れているな」という感じです。

息子は腹痛と極度の倦怠感。ぜんぜん勉強できないという状態でした。
もともと息子は、娘よりだいぶ前から体調がわるかったんですね。それこそいっぱい病院に行ってたりしてたんですけど。一般内科を2軒、あとメンタルヘルスにも行きました。

とにかくすごいひどかったです。でも、こちらで施術を受けてはじめて、ある時から「お腹痛くなるとはもう思えない」と言いましたね、本人が。それぐらいお腹の調子はいいと。何か月かぐらいしてから。田中先生が「絶対良くなるから」って言いながらやってくださるんですよね。それも大きいかなと思うんですよね。

娘も息子の症状も改善され、家族の中に気持ちの余裕ができました。

ご家族全員が施術を受けられて、気持ちや生活の変化はありましたか?

変わり…そうですね、だから体調がよくないと、気持ちって上げれないですよね。体と気持ちがくっついていたのは、わかってたんですけど、そこを上げてくださる方がいたんだっというのが、一番びっくりしたことで。

気持ちと体がこれだけ結びついていくと、うまくいろんなことが回っていくんだなあと感じましたね。家族全員がお世話になり、症状も改善され、気持ちに余裕が出てきました。

自ら治ろうとする姿勢がいちばん大切。

あるてらすのどういう点が良いと思いますか?

田中先生が、お話をちゃんと聞いてくださるということですかね。で、それに対する説明をしっかりしてくださる。
病院とかだと、わからないままお薬出たりとか、先生的には何か考えてカルテには書いてありますけど、間の説明がなかったりとかありますし…。
自分自身もちゃんとしないといけない。病院だったら受け身だったんですよね、ただ受けるだけで良くしてもらおうみたいな気持ちだったんですけど、そうじゃなくて、自分もちゃんと治る気持ちを持つということが一番大きいと思いますね。

※「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。