患者さんの声

逆流性食道炎

食欲はあるのにムカムカで食べれない苦悩。体重7キロ減の私が、結婚記念日にこってりカルボナーラを!

食欲はあるのにムカムカで食べれない苦悩。体重7キロ減の私が、結婚記念日にこってりカルボナーラを!

吉岡様

食欲はあるけど胸のムカムカで食べれない。体重7キロ減、体を動かすのもしんどい・・・。

まず、最初はどのような症状だったのですか。

体調が崩れていたのは約2年位前、おととしの年末あたりから胃の調子が悪く、ムカムカするようになりました。もう何を食べてもムカムカという感じで、ひどい時には、食後に必ずムカムカするからもうあんまり食べたくないとなってきて・・・。

次第に、食欲はあるけど、いざ食べると2口ぐらいでムカムカして、もう飲み込めない。気持ち悪くて食べれないというか。もともと、すごい食べるのが好きだったんですけど、全然食べられなくて。最大で7キロ体重が落ちてしまって、体を動かすのもしんどくて、やるきとかもだいぶ落ちていました。

一生、胃腸の不調と付きあうの?と不安でした。

こちらに来られるまで病院などは行きましたか?

胃腸科に行って逆流性食道炎と診断されました。いろんな薬を飲んでたのですが、これが効かなかったら次これを試してみようみたいな。でも、どれもあまり効かなくて。それでも胃腸科に通っていたんですけど、お医者さんも「これもあかんかぁ」みたいな感じで・・・。

逆流性食道炎

逆流性食道炎は精神的なストレスから来ると聞いたので、心療内科にも行ってみたんですけど、もらった軽い精神安定剤はただ眠くなるだけでした。不安が取れるわけでもなく、リラックスして胃が調子よくなるわけでもなく、ただ眠くなるだけで。薬を飲んでも飲まなくても、胃の調子はぜんぜん良くも悪くもなく・・・不安もとれず。

もう、一生胃腸の悪さと付き合っていかなあかんのかなと思ってました。

逆流性食道炎になったのは、たぶんストレスからくる暴食です(笑)

精神的なストレスに心当たりはあったのですか?

逆流性食道炎になったのが、たぶんストレスで食べて発散のような暴食をした時があって、もう食べられないほど食べて発散して、それが原因かなと思ってます。

結婚した当時は私がサービス業で、主人は製造の仕事をしていて。月~金まで朝から夕方まで働いてという一般的な働き方なんですけど、私はサービス業なので不規則で休みの日も固定ではないですし。私は朝早い日もあれば帰ってくるのが遅い日もあって。

顔を合わさないじゃないけど、接する時間が短い日もあって、お互い何を考えているのかわからない、会話をする機会がなくすれ違いが多くて、私はそれでモヤモヤすることが多くて、不安を発散するところがなくて、主人が寝た後、食べて発散みたいな。モヤモヤ、イライラ。スナック菓子やチーズを食べたり(笑)。

逆流性食道炎

あるてらすで治療を受けることになったきっかけは?

田中先生とは、もともと小さいころの幼馴染でした。たまたまFacebookの友達のつながりで、先生を発見して「あっ、裕貴くんや」と。治療院をやっているのを知って、ホームページをよく読むと、チラッと自律神経を整えるみたいなキーワードが書いてあって。「自律神経の乱れみたいなものにも興味があるからちょっと診てもらっていいですか」って問い合わせました。

もういろんな病院にも行ったし、外れてもいいやじゃないけど、すがる思いで。相談するだけしてみようという感じで。

なんか知らんけど食べれる!なんでかわからんけど調子いい!

どんな施術を受けましたか?

脳に刺激を与えてバランスを整える施術をしてもらいました。自分で毎日体操をして、自分で治す力をつけるみたいなのも、いっしょに教えてもらいました。最初は週1のペースで通ってました。

3種類の運動を教えてもらいました。体操とウォーキングと呼吸法です。最初は体操がしんどいのと、心の中では「体操?こんな運動でほんとに治るの?」と半信半疑だったので、あまりできなかったのですが、だんだんと「この運動すれば体も強くなるし、体調も治るんじゃないかな」という思いでがんばるようになりました。

治療を受けて、どんな変化がありましたか?

2~3か月ぐらい経過して、それまでは食事する度にムカムカしてぜんぜん食べれなかったのが、食べてもまったくムカムカしない時がたまにあって。
朝は調子がいいけど、昼とか夜はムカムカして・・・とかあったんですけど、次の日にまた食べれる日があって。そういうのがだんだん増えていって、元にもどっていってるという感じで。急に良くなるというより、日常がだんだん元に戻っていってるなあ、とふとした時に思うようになってきて…。

ぜんぜん気分悪くならない。あ、もういけるかも!って思って。なんか知らんけど食べれる!なんでかわからんけど調子いい!薬を飲んでないのに、なんか調子いいみたいな。

逆流性食道炎

田中先生のところに通いながらも、しばらく胃腸科の薬も飲んでいたんですが、飲まなくてもしんどくない日もあって。薬も飲まずにしばらく通いつつ、自分でも体操をしていたら、調子が良くなっていって。あれ?という感じで。

食べれる量が元にもどってきて、食べれるから体調もよくなってきて。だんだん体重も増えてきたんですが、逆に食べれるから動かしやすくなって、体が軽く感じるまでくらいにまで体調が戻りました。ただ歩くとか、階段の上り下りだけでもぜんぜん軽さが違いました。

結婚記念日のイタリアンで、無意識にカルボナーラを。喜んで食べる私を見て、主人が嬉しそうで私もそれを見て嬉しかった。

今はどんな状態ですか?

今は体重も元に戻ったし、食欲もほぼほぼ治りましたね。揚げ物は元気な頃に比べたらまだ食べれないですが、普通に生活する分には問題ないぐらいまで回復しました。

逆流性食道炎

体調悪いときに無意識に避けてたもので、だいぶ回復してきて食べたのが、カルボナーラです。結構こってりしてますね。調子悪いときは、想像するだけでムカムカしてたのが、無意識に注文してました。それぐらい抵抗なく注文してしまった。実はその日は結婚記念日だったんです。

私が美味しそうに食べてるのを見て、主人がうれしそうで。前は一緒に「おいしい、おいしい」と言って食べるのが楽しいと。2人でそうやって食べるのが好きだから、私が喜んで食べているのがうれしそうでした。それが私もうれしい。
外食も調子が悪いときは、一人前も食べれなかったので、控えめになってたんで。よけいに印象的、思い出になったというか。

毎回カルボナーラではないですが、今は週一でパスタを食べてます(笑)。

体重も元どおりになったけど、今は食べすぎに注意です(笑)

もし、あるてらすがなかったら、今ごろどうしていると思いますか?

今でも近所の胃腸科に通いつつ、他の精神科とか、他の科とかを探しつづけていたと思います。それで治るのかなと思いながら、調子も変わらなかったと思います。カルボナーラも食べれてなかったですね。

今では、ずっと体調が悪かったのが考えらないぐらい回復しました。ほんとにおかげさまで。今は逆に体重が増えないように気をつけてます(笑)。

田中先生はいつも励ましてくれる。なんでも相談できるお医者さんのような存在。

あるてらすのどういう点が良いと思いますか?

田中先生が運動を教えてくれた時に、「これで良くなるから」とか「吉岡さんならできるよ」と励ましてくれて。そういう言葉とかも裕貴君(田中先生)が言ってくれるんだったら信じれたというか。ほんとに治りそうという気がして。いろいろ病院にも行って、薬とかも半信半疑で飲んでたけど、すごく信じれたので。

逆流性食道炎

どんな方が治療を受けられたらいいと思いますか?

単純に肩こりとかの人にもお勧めはできるけど、自分みたいに胃の調子が悪いとか睡眠とか、ホルモンバランスの乱れとか、生理不順の人って周りに見渡したら結構いらっしゃるので、そういう方ですかね。
病院に通うまではいかないけど、不調がある人というのは結構聞きます。仕事は休むほどではないけど、今日はしんどいと言っている人もいます。

病気は病院で治すもの、というのが一般的ですけど、田中先生のように、なんでも相談できるお医者さんのような存在が今は求められてるなあと。体調の崩れ方とか人それぞれなので、もっと田中先生のような人が増えたらいいのになと思います。

※「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。