健康ブログ
2017.06.01

プロボクサーの村田選手の負けた後の考え方が素晴らしい

先日、WBA世界ミドル級タイトルマッチに挑戦した村田選手のことをクローズアップ現代+で放送していました。

村田選手は、ロンドンオリンピックで半世紀ぶりに金メダルをとり、注目されるようになります。

その後、プロ転向後も常に周囲からの期待を背負ってやってきました。

 

今回の世界タイトルマッチは、プロ転向後の5年間の集大成という

覚悟を持って、試合に臨んだそうです。

でも、理不尽とも思える判定負け。

ボクシング団体WBAの会長も、村田選手が勝っていたといい、

異例の再戦命令が出ました。

相手のエンダム選手を勝利と判定をしたジャッジは、

6ヶ月の謹慎処分になりました。

 

そんな理不尽な負け方をした村田選手ですが、

「試合後どんな思いで過ごしましたか?」のコメントが印象的でした。

 

「改善していくことがわかり、のびしろがあると思えました。

自分の可能性をもっと信じれるようになりました」
と堂々と話していました。

 

テレビを見ながら、おおーと、うなりました。

目の前の事実を受け入れて、前向きに捉えているのが伝わってきました。

負けたという事実は変えられないですが、その捉え方は自分次第です。

負けたときや、逆境になったときに、人間の本当の強さが試されると思います。

歩行
そして、そのときにどう過ごすかで、その後の成長であったり、人間としての魅力が磨かれるのではないかと思います。

自分も逆境こそ、一歩一歩前に進める人でありたいです。

 

コメントを聞きながら、現役を続行すれば、もっと強くなるやろうし、次のタイトルマッチは勝つやろうなと思いました。

 

ぜひ、現役を続行して、チャンピオンになってほしいです。
村田選手を応援しています。

 

●Facebook●

院長 田中 裕貴(お気軽に申請してください。)https://www.facebook.com/hiroki.tanaka.7568596

イーエン整体院

https://www.facebook.com/een.lifeforce/

▼ご予約はお気軽にご連絡ください。

TEL 06-6226-7775

メール:info@e-enstyle.jp

●イーエン整体院公式サイト●
http://e-enstyle.jp