健康ブログ

心と身体の健康には、セロトニンが大事!

セロトニンとは、脳内ホルモンの一つで、心地いいとき、気分がいいときに出てきます。

別名、幸福ホルモンとも言われています。

心と身体が整っているときは、セロトニンが充分に脳内にあります。

そして、現代の一般的な生活では、このセロトニンが欠乏しやすくなっています。

朝の目覚めが悪い
身体がだるい
すぐに気が散る
ちょっとしたことで、イラッとする
睡眠不足 など

セロトニンが不足することによって、このような問題が起きてきます。

現代の生活において、セロトニンを出す時間を作ることは、とても大切になってきています。

 

ではなぜ、現代人はセロトニンが出なくなってきたのでしょうか?

その一つにデジタル化されたということがあります。

仕事はデスクワークで、ずっと座ってデスクトップを見ている。

そして休憩になったら、スマホを見る。

家でもテレビを見ながら、スマホをみる。

スマホで、YouTubeSNS、ネットニュース、LINE、ゲームをしているときは、気分転換や休憩のつもりでも、脳内ではまったく別の働きをしています。

脳内ではドーパミンという脳内ホルモンが出ていています。

ドーパミンは興奮や刺激的なときに、多く出てくる脳内ホルモンです。

ですので、スマホを見ているときは、休憩になっていません。

YouTubeやインスタを見た後に、疲れたなぁと思ったこともあると思います。

気分的にもスッキリしたという感覚も少ないと思います。

脳の反応からすると、そのような感覚になるのは自然なことです。

こんな感じで書くとドーパミンは悪者のように感じますが、そんなことはありません。

ドーパミンは、良いところもあれば、悪いところもあります。

うまく使いこなせるようになれば、すごくパワフルです。

ドーパミンについては、また違う時に書かせてもらいます。

では、セロトニンを出すには、どんなことをすればいいのでしょうか?

それは、太陽の光を浴びることです。

朝起きて、すぐカーテンをあけて、5分ほど日光浴をしてください。

それだけでセロトニンが出ます。

さらにリズム運動でもセロトニンが出るので、

朝の散歩はさらにいいです。

15分ほど行うことをおすすめします。

そのときリズムが大事なので、イヤホンでラジオを聞いたりするのは控えてください。

音楽に関しては、リズムがあるので大丈夫です。

セロトニンを出す時間を作って、心と身体の健康を保っていきましょう!

 

健康相談所 あるてらす
田中 裕貴

メルマガ登録はこちら。↓
「あなたの自然治癒力10ヶ条」

もちろん無料です。

<お問い合わせはこちら>
06-6226-7775

メールは24時間受付可能
info@e-enstyle.jp

あるてらすHP