健康ブログ

肩こりで自然治癒力が下がる⁉︎後編

肩こりで自然治癒力が下がる⁉︎後編

こんにちは、イーエン整体院の田中です。

このブログは今学んでいる健康に関する情報を、できるだけ多くの方にお届けしたいと思い、発信しています。
この情報がみなさまの健康で、楽しい人生を送るためのお役に立てれば幸いです。

それでは、

池内 秀暢先生の自然治癒力シリーズ第8弾の後編をお伝えします!

前編では、肩こりと自然治癒力についてお話ましたが、後編ではもう少し神経系の話しを掘り下げてお伝えします。

 

 

自然治癒力が最も働いている心身の状態 

その8 『首や肩のコリがなく体が柔らかい』 後編

 

慢性的な肩こりは、自律神経が交感神経優位になっている可能性が高く、がん療法を考える上でもよくないことをお伝えしました。

 

そして、とくに重要な部位は首の周辺後頭部の硬さです。

この部位は、人間の最も大切だとされている脳機能を守ろうとする本能的な働きや、身体調整バランスの状態が出やすい部位です。

脳

それは、

自律神経の乱れ

ホルモンバランスの乱れ

慢性的なストレスなどで、身体システムが崩れている

このような時に、首や後頭部に硬さがあらわれます。

 

抗がん剤治療などで、からだがその処理にがんばっている時は、いつもより該当部位が硬くなっています。

 

また脳梗塞になった方も、かなり強い首の硬直があります。

 

また放射線治療を終えたときも、照射部位は硬くなっています。

 

私たちが考えているより、はるかにからだは繊細で自然治癒力の状態や、体内バランスを使って対応しています。

 

したがって、肩こりや首こりがあるかで、自然治癒力が働いているかが把握できます。

 

自分のからだに意識を向けると、からだの硬い方でも調子の良い日は、柔らいことがわかります。

またその逆もあります。

 

ストレスが溜まっている

睡眠不足

体調がわるい

食べすぎ・飲みすぎ など

このようなときに、身体がかたくなっていることに気づくと思います。

からだを柔らかくして、健康でイキイキとした生活を送りましょう♩

 

————————————–
▼ご予約はお気軽にご連絡ください♫
TEL 06-6226-7775

メール:info@e-enstyle.jp

●イーエン整体院公式サイト●
http://e-enstyle.jp

●お喜びの声●
http://s.ekiten.jp/shop_6980417/
キャンペーンのお得な情報も載っておりますので、ご覧ください。
————————————–