健康ブログ
2020.11.11

スキンシップはアトピーにも効果がある

誰かに触れてもらうと、気持ちいいですよね。

スキンシップはただ気持ちいいだけではなく、治癒力を上げる効果もあります。

アトピーでしたら、かゆみが落ち着いたり、赤みが落ち着いたりすることもあります。

ある皮膚科では、アトピーのお子さんをできるだけ抱っこする時間を長くするだけで、症状が軽減したという報告もあります。

理由としてはスキンシップをすると、オキシトシンというホルモンの分泌量が多くなると言われています。

オキシトシンは安心ホルモンとも言われて、心や身体が落ち着く作用があります。

当サロンでもアトピーのお子さんがいるお母さんに、足操術という脳のリラクゼーションを目的とした足のマッサージをお伝えすることがあります。

「うまくできるかな」
と言われるお母さんも多いですが、

そのときは、「触れてるだけでも効果があるので、うまくできなくても大丈夫ですよ」とお話しています。

ちなみに最近ご指導させてもらったお母さんは、数日で娘さんの歯ぎしりが減ったそうです。
手技もうまかったので、併せて効いたと思います。

またオキシトシンは、誰かにやってもらうのではなく、自分で自分を撫でることでも分泌されます。

そのときに、「よく頑張ってるね」などねぎらいながらなでると、さらにいいと言われています。

簡単にできることなので、触れることを大切にしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はこちら。↓
「あなたの自然治癒力10ヶ条」

もちろん無料で、面倒になったらすぐ解除できます。

<お問い合わせはこちら>

健康相談所  あるてらす
06-6226-7775

メールは24時間受付可能
info@e-enstyle.jp

あるてらすHP

田中裕貴Facebook