健康ブログ
2020.07.14

習慣のコツ『20秒ルール』

運動や瞑想など、新しい習慣を身につけるには、やりやすくすることがとても大切です。

そこで、20秒ルールがあります。

それは習慣にしたいことをやるまでの時間を20秒短縮することです。

ハーバード大学のショーン・エイカーさんが『幸福優位7つの法則』という本の中で紹介したものです。

僕たちは、めんどくさがりで、手間がかかるとやる気がなくなってしまいます。

 

例えば、朝の筋トレを習慣にしたかったら
前日の寝るときからトレーニング用のウェアを着て寝ると、より早く筋トレにとりかかることができます。

そうやって筋トレにとりかかるまでの時間を短縮すると、習慣にしたいことを続けやすくなります。

手間を減らすことが大切です。

他には、こんな方法もあります。

 

逆に、悪い習慣をやめたいときは、20秒手間がかかるようにするといいんです。

スマホをすぐ観てしまう習慣をやめたかったら、普段いる部屋とは違う場所の引き出しに入れておいたりするのもいいです。

毎回、部屋を移動して引き出し開けてとかは、面倒ですからね。

けっこぉ効果的です。

ちょっとした工夫としては、よく使ってしまうYouTubeやSNSのアイコンをカテゴリ分けして、奥にするとかてもいいです。

一手間ですが、これだけで見る回数が減ります。

そして、20秒という時間に拘らなくてもいいです。

習慣化したいことは、手間を減らす
やめたい習慣化は、手間を増やす

こんな感じで意思使わずに、うまく脳の特性を使ってみてはどうでしょうか?

田中 裕貴

 

メルマガ登録はこちら。↓
「あなたの自然治癒力10ヶ条」

もちろん無料で、面倒になったらすぐ解除できます。

<お問い合わせはこちら>

健康相談所  あるてらす
06-6226-7775

メールは24時間受付可能
info@e-enstyle.jp

あるてらすHP

田中裕貴Facebook