健康ブログ
2020.07.07

最強の習慣化テクニック『if-thenプランニング』

習慣で、人生が決まると言っても過言ではないと思います。

自然治癒力が落ちてる方は、それなりの習慣があります。

逆に自然治癒力が高く、健康な方は健康である習慣があります。

習慣は小さいことの積み重ねです。

これを一回やったから、大きな結果になったというものでもないです。

ですが、
瞑想
運動
早起き
など、コツコツ継続することで数ヶ月後には大きな成果となって返ってきます。

 

うちでもセルフケアをお伝えしています。

脳幹を強化するお相撲さん体操

気の流れをよくする気流体操

内臓体温を上げる元気玉呼吸法

やれば効果がありますが、運動や呼吸法など普段していない方が多いので、なかなか継続するのが難しいです。

 

そして、ここで大事なのが、ご本人にやる気がないわけではないということです。

そうやる気があっても継続できないのが、人間なんです。

人間って、誰でも意志が弱いんです。

だから続けたくても続けることができないのは、ある意味仕方がないんです。

ほんじゃあ、習慣するのってやっぱ無理やん!

ってならないでくださいね。

習慣化するコツというのがあります。

 

コツはいろいろあるんですが、その中でも最強と言われてるのがあります。

それは、

 

if-thenプランニング

 

めっちゃ簡単なんですけど、マジで効く。

 

やり方は、

『○○したら、○○する』

ただこれだけです。

例えば、
ハミガキしたら、ストレッチする

朝起きたら、カーテンを開ける

お風呂あがって髪を乾かしたら、瞑想をする

みたいな感じです。

○○したら、○○する

これだけです。

 

コロンビア大学の研究では…
「運動を習慣化したい」という人たちを、2グループに分けました。
 
●if-thenプランニングをおこなったグループ
●自分で目標を設定したグループ

 
その結果は…
自分で目標設定した人たちは、69%が習慣化に失敗。

 
一方、if-thenプランニングをおこなった人たちで、習慣化に失敗したのは、たったの9%。

なんと、91%が運動の習慣化に成功しました。

 

なぜ、こんなに効くのか?

それは、脳の特徴をうまく使ってるからです。

脳は、○○したら、○○するが得意です。

例えば、
お腹が減ったら、ご飯を食べる
眠くなったら、眠る
何か調べたくなったら、スマホを見る

僕らの日常は、○○したら○○するがいっぱいです。

習慣化にしたいことがあるときは、ぜひ試してみてくださいね。

田中 裕貴

 

メルマガ登録はこちら。↓
「あなたの自然治癒力10ヶ条」

もちろん無料で、面倒になったらすぐ解除できます。

<お問い合わせはこちら>

健康相談所  あるてらす
06-6226-7775

メールは24時間受付可能
info@e-enstyle.jp

あるてらすHP

田中裕貴Facebook

 

thenプランニング