健康ブログ

声の大きさで自然治癒力は高まる

声の大きさで自然治癒力は高まる

おはようございます、イーエン整体院 院長の田中です。

今日一泊二日と 池内 秀暢先生 の健康サロンひのきに治療見学に行ってきます。

二日間お休みしますが、治療家として成長して必ず患者さんにお返しますので、

ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

今回は池内 秀暢先生が考える自然治癒力のことを書かせてもらいます。

池内先生の過去の投稿を抜粋してお伝えしていきます。

 

自然治癒力が最も働いている心身の状態 

その6 『声がよく出る 

 

声が大きい

 

元気なときは声がよく出て、そうでないときは力のない声になります。

不安を感じているとき

インフルエンザにかかったとき

ぎっくり腰になったとき

 

会話するのもしんどく、なかなか声が出ないと思います。

 

本能レベルで生命力が低下しているときは、お腹に力が入らず声も元気がなくなります。

 

声を出すということは、「息を出す」ということです。

 

力強く息を吐ける=生命力が高い

となります。

 

人間は吐く息で生まれてきて、

死んでゆくときは、吸う息で、あの世に旅立ちます。

 

息で、心と身体の両方の状態がわかります。

「おはようございます」「こんにちは」など

挨拶するときに、張りのある元気な声が出ているでしょうか?

自分の声を意識してみてください。

調子の良い日悪い日で、声が違うのでおもしろいですよ。

 

自分の声がよい状態かどうか、簡単確認する方法がありますので、お伝えします。

息をいっぱい吸って「あー」と大きめの声を出し続けてみてください。

 

すべての息を吐ききって、何秒ぐらい声を出し続けることができたでしょうか?

20秒も持たないようであれば、生命力が十分ではない可能性があります。

30〜40秒ぐらいできれば、まずまずよい状態です。

 

さらに大きく息を吸って、また「あー」と声を出します。

これを繰り返し5分ぐらい行い、苦しくなるようであれば、良い状態ではありません。

 

発声は、横隔膜・呼吸器・消化器などの内臓や

自律神経・内分泌・精神の状態・呼吸に関わる筋肉や運動量などとも

関係しています。

 

声を元気よく出すことが、身体や心にいかに大切かわかって頂けたでしょうか?

スポーツの世界でも、声がよく出ているチームは強いと言われています。

声を出すことで、心身ともに充実することでパフォーマンスの向上に繋がっていると思っています。

 

ぜひ吐く息を強くして、力強い人生を歩んでください♩

 

————————————–
▼ご予約はお気軽にご連絡ください♫
TEL 06-6226-7775

メール:info@e-enstyle.jp

●イーエン整体院公式サイト●
http://e-enstyle.jp

●お喜びの声●
http://s.ekiten.jp/shop_6980417/
キャンペーンのお得な情報も載っておりますので、ご覧ください。
————————————–