健康ブログ

落ち込みやすい人は、身体のある部位を緩めたら心が安定する。

落ち込みやすくてイヤやなーと思ってる人がいる思います。

自己肯定感をあげましょう

とか、

できている方をみましょう

とか、

短所は長所

とか、

 

こういう考え方になったらいいよって、けっこぉあります。

そして、どれもいいと思いますし、そのような考え方になるのがいいと思います。

自分も「できていること」に目を向けてもらう質問をしたりします。

ですが、心の状態を安心・安定させるのに、心に目を向けるばかりでなくていいんです。

 

それは、心と身体がつながっているからです。身体を調えると、心も調うんです。

 

ほんで、落ち込みやすい人の身体を触れていると、だいたいここ硬いなーって、部位があります。

 

それは、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

胸です(胸郭)

肋骨っていうた方がイメージしやすいかも。

 

 

じゃあ、なんで胸郭が硬いとなんで落ち込みやすいの?

呼吸が浅くなるから?

血流が悪くなるから?

自律神経が乱れるから?

それもあります。

でも、それよりも身体の緊張が感情と絡み合うからです。トラウマやショックを身体は記憶すると言われています。

 

えっ!脳じゃなくて、身体が⁉︎

びっくりですよね。

科学的には、、、僕は知らないです。笑
そういう研究もあるんやと思います。

研究は知らないけど、自分の臨床経験的にはそれあるやろなって思います。

 

胸郭はハート(心)と関連が強い部位になります。

落ち込むと、背中が丸くなるじゃないですか

あれは、無意識にハートを守ろうとしているってというのもあります。

だから胸郭を緩めて、開いてあげると心って安定しやすくなります。

 

胸郭の緩め方ですが、まずここを親指で押してください。

肋骨と肋骨と間(赤い線のところ)

そして、押した後に胸をグーって開きましょう。

 

胸を開くと、気分がすーーーっとなると思いますよ。

簡単でしょ♩

考え方がなかなか変えられないなぁーって方は、まず胸を柔らかくすることから初めてみましょう♫

田中 裕貴

 

<お問い合わせはこちら>

困った時の健康相談所  あるてらす
06-6226-7775

メールは24時間受付可能
info@e-enstyle.jp

あるてらすHP

田中裕貴Facebook