健康ブログ
2019.04.10

免疫バランスをコントロールしている器官は、どこだ?

アトピー

 

アトピー

 

アトピー

 

以前の免疫学では、白血球などの免疫細胞はどこからのコントロールも受けず、単独で活動していると考えられていました。

 

しかし現在では自律神経・ホルモン・神経伝達物質などの影響を受けていることが知られています。    

 

一時話題になった新潟大学・免疫学者 安保教授 の自律神経免疫理論をご存知の方も多いと思います。  

 

自律神経のうち交感神経・副交感神経の2つのバランスの優位性によって、特定の免疫細胞の数が変わってくる という理論です。

 

自律神経・ホルモン・神経伝達物質などの器官は、脳に中枢があります。

 

したがってアレルギーの原因である、ある種の白血球の過敏性をおとなしくさせるには、「脳」 の環境を整えれば、アレルギー治療に効果を発揮するのではないかと考えています。

 

しかし脳では思考や感情・本能的な欲求・筋肉や血圧・内臓コントロールなど様々な活動が行われています。

意識的な活動から無意識的な活動まで、非常に複雑と思われる活動が行われていることが容易に想像できます。

 

それらの活動は、電気的な反応や生化学的な反応による微量な化学物質などが支えています。

 

薬や人為的な手段などを使用せずに、自律神経・ホルモン・神経伝達物質に影響を与えることができるのでしょうか?  またそれらに影響を与えることができたとして、本当にアトピーは改善するのでしょうか?

次回に続く・・・・・ 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー
あるてらすに興味を持って頂いた方は、まずこちらをご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

あるてらすの治療の考え方
ーーーーーーーーーーーーーー
ご自身の健康状態や今、行っている食事療法や漢方など、それが実際効果があるのかどうかのためには、判断基準が必要です。

どの程度、自然治癒力が働いてるのか?知りたい方は、こちらに登録してください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「あなたの自然治癒力チェック10ヶ条」
———————————————————
●あるてらす公式サイト●
http://e-enaruterasu.jp

FacebookやInstagramもやってます♫

●Facebook●

https://facebook.com/een.lifeforce/

●Instagram●

https://instagram.com/explore/locations/1025141688/

▼ご予約はお気軽にご連絡ください。

TEL 06-6226-7775

メール:info@e-enstyle.jp