健康ブログ

長寿な人の共通点は、「炎症レベル」が低い

あるてらすの田中です。

去年なく亡くなられた日野原重明先生は105歳でした。100歳を超えても、医師として仕事を続け、テレビやラジオでもはっきりとした口調で発言されていました。

こういった健康長寿の方は、何が違うのでしょうか?

2016年の慶應大学医学の研究チームが85〜110歳の高齢者の方に、血液検査で肝機能や細胞の劣化など、調べました。

その結果、一般の高齢者と違う唯一の共通項が、「炎症レベル」が低いということでした。

この研究から、体内の炎症レベルを見れば、老化のスピードがわかるということ結論になりました。そして、健康には炎症しにくい体作りがとても大切ということになります。

では、この炎症しにくい体作りには、何が必要でしょうか?

それは、睡眠、運動になります。

睡眠は7〜9時間、入眠には30分以内、夜中に目が覚めない、もしくは1回覚めるも20分以内にまた眠れる。朝の目覚めがすっきりしている。

運動は、ウォーキングです。一週間で150分以上行えると、いい状態です。

やっぱり、睡眠と運動は大切ですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

あるてらすに興味を持って頂いた方は、まずこちらをご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

あるてらすの治療の考え方

ーーーーーーーーーーーーーー

ご自身の健康状態や今、行っている食事療法や漢方など、それが実際効果があるのかどうかのためには、判断基準が必要です。

どの程度、自然治癒力が働いてるのか?知りたい方は、こちらに登録してください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「あなたの自然治癒力チェック10ヶ条」

———————————————————

●あるてらす公式サイト●
http://e-enaruterasu.jp

FacebookやInstagramもやってます♫

●Facebook●

https://facebook.com/een.lifeforce/

●Instagram●

https://instagram.com/explore/locations/1025141688/

▼ご予約はお気軽にご連絡ください。

TEL 06-6226-7775

メール:info@e-enstyle.jp