健康ブログ

不安症を解消する手っ取り早い方法

あるてらすの田中です。

当院では、不安症のある方の療法も行っています。

・常にプレッシャーを感じながら、生活している方

・胸のあたりが冷たい感覚のあり不安になる方

・電車に乗ると、ドキドキしてしまう方

様々な不安をかかえておられます。

 

多かれ少なかれ、不安というのはみなさんもあるのではないでしょうか?

といっても不安というには、脅威に対する自然な防衛反応です。

なので、悪いことではありません。

人が生きていく上で、必要な能力でもあるのです。

ですが、実際に脅威になるものがないのに不安になり、一般的な行動が取れなくなるようであれば、それは不安症になります。

 

不安は、ストレス反応において、交感神経系と視床下部ー下垂体ー副腎(HPA)の活動が高レベルに達した時点で発生します。

 

そして、有酸素運動をすれば、不安が解消されるという研究結果は多数あります。

 

運動すると体の筋肉の張力が緩むので、脳に不安の流れをフィードバックする流れを断ち切ることができます。

体が落ち着いていれば、脳は心配しにくくなるのです。

また運動によって起きる一連の化学反応には気持ちを落ち着かせる効果があります。

幸せホルモンのセロトニンの分泌量が増えますし、抗不安剤などで分泌量を増やす照準になっているGABAの分泌も増やします。

 

なので、あれこれ考える前に身体を動かすのが、手っ取りばやく不安症の改善にいいのです。

 

ジョギングやウォーキングなど、行ってみてください。

連続して30分を週3〜5回ほど行うと効果を実感できる方が多いと思います。

 

施術がなぜ、不安症に効果があるかもまたご紹介させてもらいます。

 

———————————————————

あるてらす公式サイト
http://e-enaruterasu.jp

あるてらすメルマガ

登録はこちら「あなたの自然治癒力チェック10ヶ条」

●Facebook●

https://facebook.com/een.lifeforce/

●Instagram●

https://instagram.com/explore/locations/1025141688/

ご予約はお気軽にご連絡ください。

TEL 06-6226-7775

メール:info@e-enstyle.jp