健康ブログ

みて“いる”・きいて“いる”・はなして“いる”

こんばんは、あるてらすの小椋です。

「みる・きく・はなす」ことは多くの方が日常的にやっていることではないでしょうか。

みている きいている はなしている

皆さんは、こんな経験はないでしょうか?

相手がすぐ目の前にいて話をしているのに
「なんか、きいてくれてる気がしない・・・」
「なんか、自分のこと見てくれていない・・・」
「なんか、その場しのぎの話だな・・・」

その「なんか気になる」って何なのでしょう?私はBe with感(共に居る感)が感じられないからではないかと思っています。

行為は実行しているけど、今そこに気持ちが居ない感じ。

あなたの 体験 や 今の想い に共に居て
「あの時、こんな風に感じていたのですね」
と、あなたと同じ景色を味わう。

これは 私 と あなた を分かつことだと思うのです。
分かつということは“あなたのことを大事にそのまま受け取りました”ということ。

その先に
あなたが主人公としての
二人三脚の治癒への旅が始まると思うのです。

共に居ることを大事に
あなただけの世界にできる限り純粋に寄り添いたい
という想いであるてらすは日々クライアントさんをお待ちしています。

●あるてらす公式サイト●
http://e-enaruterasu.jp

●あるてらすメルマガ●

登録はこちら→「あなたの自然治癒力チェック10ヶ条」

●Facebook●

院長 田中 裕貴(お気軽に申請してください)

https://facebook.com/hiroki.tanaka.7568596

あるてらす

https://facebook.com/een.lifeforce/

●Instagram●

https://instagram.com/explore/locations/1025141688/

▼ご予約はお気軽にご連絡ください。

TEL 06-6226-7775

メール:info@e-enstyle.jp