対応疾患一覧

あるてらすが対応する疾患一覧です。
自己免疫疾患やアレルギーなど難治療と言われる疾患、
病気ではないけど体調がすぐれない不定愁訴、
自律神経やホルモンに関わる症状を中心に対応しています。

当院対応の代表的疾患

  • アトピー性皮膚炎
  • アレルギー疾患(喘息、かゆみ・湿疹など)
  • 自己免疫疾患(バセドウ病、橋本病、膠原病など)
  • 更年期障害
  • 自律神経失調症(不眠、耳鳴り、冷えなど)
  • 頭痛
  • うつ
  • パニック障害

対応疾患一覧

アレルギー
  • アトピー性皮膚炎
  • 湿疹
  • 脂漏性皮膚炎
  • じんましん
  • 気管支喘息
  • 小児喘息
  • 副鼻腔炎
  • アレルギー性鼻炎
  • 花粉症
  • 食物アレルギー
自己免疫疾患
  • バセドウ病
  • 橋本病(甲状腺低下症)
  • 関節リウマチ
  • 全身性エリテマトーデス
  • 膠原病
  • シェーグレン症候群
自律神経失調症
  • 全身症状疲れやすい、不眠、めまい、食欲 不振、身体がだるいなど
  • 頭痛、頭が重いなど
  • 呼吸息苦しい、息切れなど
  • 心臓動悸、胸が苦しい、ふらふらする、立ちくらみ、不整脈、血圧の変動など
  • 消化管胸焼け、胃がむかむかする、吐き気、下痢、便秘、お腹が張りやすい、など
  • 膀胱トイレが近い、残尿感がある、尿が出しにくいなど
  • 生殖器月経不順、月経痛、不感症など
  • 精神症状不安感、イライラ、緊張、やる気が出ない、神経質になる
  • その他冷え、のぼせ、目の疲れ、しびれ、震え、耳鳴り、ほてり、肩こり、口の渇き、汗をかきやすいなど
ホルモン
バランスの乱れ
  • 更年期障害
  • 生理痛
  • 生理不順
精神疾患
  • うつ
  • パニック障害
  • 不安症

なぜ、こんなに多くの疾患に対応できるの?

対応疾患一覧を見て、こんなに多くの疾患に対応できるわけない、しかも難病指定されている病気もあるし・・・。 そういぶかる方もいらっしゃるでしょう。たしかに疾患によって人によって、症状の出方はさまざまです。アトピーと関節リウマチが同じ疾患なわけではありません。

でも、これらの疾患がすべて、ある体の部位が原因で起こっているとしたら?その部位を整えることで、顕著な症状以外に、日常生活に支障がないけど以前から悩んでいた症状も改善できるとしたらどうでしょう?実はそれが不可能ではないのです。

では、原因のひとつとなる体の部位とは、どこだと思いますか?

実は「脳内環境」です。脳内環境と聞いて、さらに「怪しい・・・」と感じるのも無理はありません。初診時に脳の話をすると、多くの患者さんは驚き半分、怪しさ半分の表情を見せます。。。

例えばアトピー性皮膚炎でお悩みの方は、アトピーは腸内環境と関わりがあることを知っています。でも、長年の痒みによって、脳内が不快刺激(ストレス)に支配されていて治りにくい環境になっている。だから、その悪環境を取り除くのが改善の近道になる、という情報はあまり知られていません。

もう一つ、あるてらすが注目しているのは、氣の流れです。「氣」という概念は目に見えないものなので、よく分からない方も多いでしょう。でも、元気、空気、病気、やる気など、いろんな言葉に「気」という字が日常的に使われています。氣は生命エネルギーと考えてください。そして氣の流れは、生命エネルギーの経路です。

氣の流れがいい体は、生命エネルギーが全身にスムーズに行き渡っています。逆に、氣の流れが悪い体は、生命エネルギーが行き渡らずにどこかに停滞が発生しています。これが病氣の原因になると考えています。

あるてらすが行う生体自然療法では、さまざまな症状の原因は脳内環境と氣の流れにあると考えています。この2つの環境を整えることで、さまざまな疾患や症状が改善に向かいます。

これだけ聞いてもなかなか理解できませんよね。詳しくは「生体自然療法について」で説明しています。少し理屈っぽいですが、ぜひ読んでみてください。

  • 西洋医学と東洋医学の特徴とは?
  • 脳と自律神経、ホルモン、免疫の関係
  • 病気の原因はあなたもよく知っているアレです
  • 脳内環境をどうやって改善させるの?代表的な療法を紹介