私たちの考え

私たちの考え

病院でも、心療内科でも、鍼でも、漢方でも、食事療法でも、治らない。
このままツラい症状とずっとつき合わないといけないの?

傷ついてきたあなたへ

アレルギーや自己免疫疾患などの方の多くは、「いつになったら治るのか」と出口が見えない不安で、肉体的にはもちろん精神的にもツラい日々を送りがちです。

  • いろんな病院の門をくぐるも、いっこうに改善されない。
  • 処方される薬でなんとか持ちこたえているけど、このままずっと薬を飲みつづけるのが不安。
  • ネットで効果があると言われる方法を試しても、なぜか自分だけよくならない。

なにか突破口はないかと、ネットで改善のヒントを探し続けるも、情報の洪水でどれが正しいの情報なのか分からなくなっていくる。さすがにこの情報は信用できない・・・と感じつつも、もしかしたらと藁をもすがる想いで・・・。その繰り返し。
疾患に関する知識ばかり増えるも、効果的な治療法に出会えず、悶々とする日々。

ここもダメ、あれもダメ・・・

挙句の果てには、「もう巷にあふれる情報はおろか、医者の言うことも信用できない。」と、そこまで追い詰められる方もいらっしゃいます。
みなさんやそのご家族は、本当にいろんな改善策を試されては効果がなく、ある意味傷ついてきました。疾患によっては、出かけたいところにも行けず、食べたいものも食べれす、日常生活に大きく支障のでるケースもあります。

食事制限で動物性タンパク質が食べれず、ある時テーブルに出された肉のない焼きそばを目の前に、こらえ切れず泣き出してしまったアトピーの方。逆流性胃腸炎で何も口に入らず、友達からの食事の誘いも断りつづけ、体力はもちろんヤル気も出ず精神的にツラい日々を2年もがんばった方。いつも自分を責めつつも、ネガティブ思考ではいけない、もっと前向きに改善したイメージを持とう、とがんばってみるも現実の辛さに負けてしまう方・・・。

ストレスで家族に当たってしまったり、あんなに溢れていた笑顔がなくなっていく。本人はもちろん、ご家族の苦労もたいへんなものでしょう。

そんな状況でたまたま当院を見つけていただき、最後の砦のような想いで来院される方が後を絶ちません。

理屈では治るはずなのに、
治らないという現実

実は、どんな治療法が正しいのかなんて、専門家であっても正直判断するのは難しいものです。理屈では治るはずなのに、治らないことが多々あります。

西洋医学も、東洋医学も、代替療法も、食事療法も、運動療法も、心理療法もそれぞれに強みがあり、効果もあります。しかし、ある人には絶大な効果を発揮する療法も、ある人にはほとんど効果を発揮しません。ましてや、マイナスの効果をもたらす場合さえもあります。ある意味、すべて正しい治療法なのですが、選択を間違えれば回復への道を閉ざすことにもなります。

おそらく医療に携わる人なら、そのことを経験から知っていると思います。あなたも自ら経験してそう感じているかもしれません。

あなたには、
あなただけの治り方がある

例えば、10人アトピーの人がいれば、10通りのアトピーの良くなり方があります。考えてみれば当たり前のこと。人間の体の構造はみんな同じですが、体質も違えば、性格も違う、生活習慣も違えば、生活環境も違う、経過も違えば、症状も違う。一人一人違って当たり前なのです。つまり、良くなり方も違って当たり前なのです。まさに十人十色。

これまであなたの症状が改善されなかったのは、あるひとつの方向からしかアプローチしてこなかったからかもしれません。これはあなたが悪いわけではありません。多くの医師が治療家がもつアプローチには、どうしても汎用性がある一方で、一人ひとりの症状に個別の働きかけができません。たまたまその療法にマッチした人が、改善されただけの話です。

しかし、十人十色といえども多くの患者さんと接していると、疾患にまつわる症状や生活への影響、経過など、そしてその乗り越え方などには、それなりのパターンがあることが分かってきました。

治ればなんでもいい。
療法にこだわらない。

回復への道へ導くために、あるてらすは枠にはこだわりません。方法にもこだわりはありません。食事療法だけでなんとか回復させる。手技療法だけでなんとか回復させるのではなく、その人に必要なのであれば、食事療法も手技療法も運動療法も呼吸療法もすべて使います。

私たちが提供できない薬物療法や手術などの西洋医学も併用する必要があるならば、もちろん併用をおすすめします。なぜなら、それぞれの療法にはそれぞれの強みがあるからです。

「治れば、なんでもいいんです」
これはある患者さんがふと発した言葉です。いろんな療法を試して来て、それでも改善されず・・・そんな彼女の苦悩や辛さが込められていて、胸が熱くなりました。同時にその言葉の中に、療法にこだわらずその人に合った道をつくるという自分たちの方針や考えが、そのまま反映されていることにきづきました。

これは、不安な気持ちで来院され、アトピーが改善していくまでの心の変化や身体の変化、あるてらすの考え方などが、ぎっしりと詰まった私たちにとって大切なメッセージです。
少し長いですが、その患者さんからのメッセージを紹介します。

患者さんからの
うれしいメッセージ

これは、「アトピーが治ればなんでもいいんです」と言われた患者さんからのメッセージです。不安な気持ちで来院され、アトピーが改善していくまでの心の変化や身体の変化、あるてらすの考え方などが、ぎっしりと詰まった私たちにとって大切なメッセージです。

田中先生へ
こんばんは。
遅くなりましたが、治療を受けた感想を書きました。
すごく長くなったので、短くしたんですが、それでも長いので、メールにしました。日本語が下手なので、伝わりにくいかもしれませんが。。。
ネガティブな私が書いてるので、ネガティブですけど、これから治療されるアトピーの人のお役に立てればと思います。

私は、30年以上アトピーをしています。何軒病院に行ったでしょうか。誰かにとっては、すばらしい先生なのかもしれませんが、私にはどうも合わない先生たちでした。そのせいか、すっかり、どんどん、人間不信の医者不信になっていきました。
そのおかげで、医者に治してもらおうなんて考えを捨て、自分で治すしかない!という思いを持てたのかもしれません。

イーエン整体院(現:あるてらす)を、友達に紹介してもらった時も医者不信だった私は、全然乗り気ではありませんでした。が、絶対に優しい先生だということで、不信感満載ながら、話だけならと聞きに行きました。
アトピーは脳内環境が関係してくるという話はさらに私を不信感の中に引き込みましたが、言うてはることは分からんでもなく、とにかく優しいし、半年で成果が必ず出てくる(ここもだいぶ怪しいですが)と言われたので、治療を受けることにしました。

私は新しい治療を受けると、アトピーが酷くなる傾向があるのですが、先生の話では、この治療法をきっかけに酷くなった人はいないと。(稀に、他のこととが重なり悪くなる場合はあるそうです。)しかし、私はやはり、酷くなりました。

この治療法がきっかけなのか、季節など環境のせいなのかは、分かりません。が、事実、酷くなりました。これは、嘘つかれた!とかではなく、私のような人もいるという事を分かって欲しいので、言ってます。実際、私だけ酷くなるなんて、大丈夫かなと不安になったので。でも、治療を続けると、酷くなっても良くなるんです。しかも、先生は3ヶ月で必ず落ち着くから。と言ってくれました。

それは、とても光のある言葉でした。いつか良くなるからという言葉では、耐えれなかったでしょう。実際1ヶ月~2ヶ月で調子は上昇傾向になり、今に至ります。少し調子が落ちるときもありますが、波があって徐々に治っていくそうです。

イーエン整体院を調べた時にみなさんが書かれていた、すぐに痒みがおさまった!などの瞬時の効果は私には残念ながら感じられませんでしたが、半年くらいで10~5に、10ヶ月ぐらいで5~3になった気がします。30年近く苦しめられていた私にとっては、すごくスピーディーでした。あまりにも早く効きすぎても、それはそれでこわいので。

先生の話をすると、今までの私が出会った先生は、たくさんの知識や経験があるのでしょう。こう治すという自分の型に患者さんを当てはめる方が多いように思いました。それで治るのならいいのですが。

治らなければ、その薬をもっと強くしたり、私自身に問題があると言われたりしました。\田中先生を、観察をしていると、いろいろな方法で私に合った治し方を見つけようとしてくれます。改善してなければ、次はこれを試してみましょう、という感じです。たぶん、患者さんのアトピーが治れば、いい!という考え方なんでしょうか。

私も、アトピーが治れば、何でもいいんです。そこが一致しているような気がします。あくまでも、わたしの推測ですが。あとは、絶対に否定しません。今までしてきた治療法や、自分が信じてしてきた事。新たに病院に行くたびにそんな事をしてたのかと、否定されたりして嫌気がさしてたんですが、一度も否定された事はないです。珍しい先生だなと思いました。

まだ、治療の途中で、悪くなったり良くなったりの波を繰り返していますが、優しい先生に、頑張ってください、応援してます、大丈夫です、と後押しされながら、自分のペースで完治を目指して頑張ろうと思います。そんな場所が見つかって、本当によかったです。

自分の体が、
勝手に自分を治してくれる

あるてらすでは、回復への道を歩むきっかけづくりをしています。すべての人には本来、健康を回復しようとする力が備わっています。もう聞き飽きたかもしれませんが、よく言われる自然治癒力というものです。

自然治癒力と言われても、自分にあるの?と思われる人もいますが、例外なく誰でも備わっています。例外なくです。ただ、体内環境によっては、自然治癒力の活躍を邪魔していることもあります。

その活躍の場を用意してあげる。つまり、健康を回復しようとする力を邪魔する体内環境を、回復を応援する環境へ整えることにより、自然治癒力が高まり、回復への道は開けていきます。

私たちは治す方法が主役ではなく、患者さん自身が主役であると考えています。そして、私たちは主役をサポートする脇役です。一緒に回復への道のりを歩んでいくことが、私たちの大切なお仕事です。

ご家族の方へ

少し妻の話をさせてください。
妻は生後5日目でアトピーを発症しました。それから約30年間、ありとあらゆる治療を試しても思うような効果は得られなかったそうです。

僕は理学療法士として病院や訪問リハビリなどで経験を積んでいましたが、残念ながら彼女のアトピーを治す術を持ち合わしていませんでした。これまで勉強・経験してきたことはなんだったのか?療法家として近くの愛する人さえも、助けることができない・・・。不甲斐なさと情けなさでいっぱいでした。

そんな時、生体自然療法という療法に出会い、状況は一変しました。その道の権威と言われる先生のいる香川まで足を運んだのです。妻は施術を受け、僕は自宅での施術指導を受けました。その結果、少しずつ効果が現れはじめ、彼女は人生の中でいちばん肌がきれいな状態粕で、ウエディングドレスを着ることができました。

妻の成功ストーリーを語りたいのではありません。

疾患や症状に悩まれているご本人は、精神的になかなか前向きになれません。改善が思うようにいかないと、次の一歩すら進むのに抵抗を持つ方もいます。ご家族の方もご本人と苦労を共にされてきたと思いますが、やはりご家族の力はとても大きい。

実際、当院に来られる患者さんの多くは、ご本人自らというより、ご家族やご友人などがきっかけで来院されています。中には、乗り気でない本人を強く説得して来られる方もいます。

このホームページを見て、もし私たちの考えにほんの少しでも共感いただけたら、それはひとつのサインかもしれません。僕は妻とそのご家族のように、辛い日々を過ごす人に回復のきっかけをつくりたいと思っています。

あなたの大切な人にぜひ会わせてください。心からお待ちしています。