生体自然療法について

生体自然療法について

「あるてらすって他の整骨院や治療院、医療機関とどこが違うの?」
と聞かれることがあります。

正直、一言では伝えきれないので、返答に困るんですが、あえて簡単に説明してみますね。
あるてらすでは生体自然療法という療法を行なっています。特徴を一言で表現するならば、「西洋の身体観」と「東洋の身体観」の統合です。

「西洋医学」にも「東洋医学」にもそれぞれ、長所と短所があります。「西洋医学」と「東洋医学」のどちらが優れているとかではなく、症状や体質、生活習慣などによって適切な療法を受けることが最も大切なことなのです。

生体自然療法ではそれぞれの長所と短所を把握した上で、それぞれの長所を活かし、お一人お一人にとって最適な療法を提供しております。

では、「西洋医学」「東洋医学」それぞれの特徴を簡単に説明します。

西洋医学は「排除」

まず「西洋医学」の方ですが、これは個々の病気に対して直接的に働きかける治療法です。
つまり、がんであればそこを取り除く、抗がん剤を使用してやっつける。菌に感染すれば、抗生剤で菌をやつけるなど。

東洋医学は「バランス」

対して「東洋医学」は個々の病気に対してではなく、全体のバランスを重んじる治療法であり、人間がもともと備えている自然治癒力を活かすことがベースにあります。

ですから、西洋医学のキーワードが「排除」なのに対し、東洋医学のキーワードは「全体のバランス」であると言えます。

「西洋医学」にも「東洋医学」にも、それぞれ短所と長所があります。

西洋医学の短所と長所

まず西洋医学の短所は、問題となる症状をなくすことに力を注いでいるということです。例えば、がんならばがん細胞を切除したり、アトピーなら症状が出ている場所に薬物療法を行なったりします。症状には注力しますが、症状が起こっている原因(生活習慣、ストレスなど)にはあまり注力しないため、再発したり、他の症状として現れることがあります。
長所は症状を一気に解決する瞬発力が高いことです。感染症などに対する薬物療法や外科手術などには大きな力を発揮します。

東洋医学の短所と長所

対して東洋医学の短所は、生活習慣や体質、氣の流れなど、全体のバランスを重視しているので症状を改善するのには西洋医学と比べ時間を要することが多くなります。

長所は全体のバランスを重視しているので、根本的な解決につながりやすく、症状以外の不調がいつの間にか改善していることはよくあることです。
基本的には、緊急を要する病気に関しては西洋医学の方が期待できるのですが、慢性的な不調や原因が分からないものに対しては、むしろ東洋医学の方が期待できる傾向にあります。

では、実際に生体自然療法はどんなことをしているのか気になりますよね。その前に、生体自然療法が考える病気の原因についてお話しします。

生体自然療法が考える慢性疾患や不調の主な原因は二つあります。
一つは生活習慣の乱れ。そして、もう一つは様々なストレスです。

あなたもご存知のように、食生活の乱れや運動不足、睡眠不足などの生活習慣の乱れは、私たちの身体にダメージを与えます。生活習慣病の代表的なものに、糖尿病、高血圧、心疾患、脳卒中があります。最近ではガンも生活習慣病と言われています。

同じようにさまざまなストレスも身体にダメージを与えるのです。あなたが想像する精神的なストレスだけではありません。例えば、仕事、人間関係、経済的不安、将来への不安、痛み、食品添加物、大気汚染、化学物質、電磁波、スマホなど、現代社会には生きていく上で避けられないストレスがたくさん潜んでいます。
このようなストレスを慢性的に受け続けると、脳のダメージは知らず知らずの間に蓄積していきます。

全身をコントロールする司令塔(脳)がダメージを受けるとどうなるのか?
例えば、脳卒中や脳腫瘍のように脳が直接ダメージを受けると、半身不随、言語障害、認知障害、感覚障害などが起こります。たとえ、脳に直接ダメージを受けなくても、脳からの指令が誤作動すると、さまざまな不都合が身体に現れます。

例えば、脳からの誤った指令が自律神経に伝わると、自律神経が乱れ自律神経失調症になります。ホルモンが過剰に放出されたり、放出されなかったりして起こる病気もあります。免疫機能が過敏になりすぎるとアトピー、花粉症、喘息などのアレルギー疾患になる可能性が高まりますし、免疫機能が弱くなると感染症にかかりやすくなります。

このように脳が慢性的にストレスを受け続けるとさまざまな不調が引き起こされるのです。

では、どのように生活習慣の改善を行い、ストレスによってダメージを受けた脳内環境を改善するのでしょう?

まずは生活習慣の改善についてですが、栄養バランスをとる、運動をする、しっかりと睡眠をとることはあなたもご存知ですね。

しかし、どのように食事を改善し、どのような運動を行うことが最善なのかを知る人はほとんどいらっしゃいません。適切なアドバイスをしてくれる人もあまりいませんので、多くの方は自己流になりがちです。自己流になるということは、努力している割には効果がなかったり、効果が出るまでに時間がかかるということです。あるてらすに通われている患者さんにもこのような方がたくさんいます。

生体自然療法では症状や体質、お身体の状態、生活習慣などを考慮して上で一人一人にとって最適なプログラムを作成し、自宅でのセルフケアとしてご指導させていただきます。最適なプログラムがあることで、スムーズに改善への道へ導くことができるのです。

私たちは自宅でのセルフケアを大切にしています。なぜならば、院に通って療法を受けることはもちろん大切なのですが、毎日のように通うことは難しいからです。だからこそ、ご自宅でセルフケアができることは改善への近道なのです。そんなに難しいことではありません。一人ひとりに合わせたセルフケアを分かりやすくアドバイスさせていただきますので、ぜひ取り組んでみて下さい。不調がなくなった後も健康維持のために取り組めるものなので一生役に立つものだと思いますよ。

次にストレスによってダメージを受けた脳内環境の改善についてお話しします。その前に、脳の役割をもう一度確認しておきます。

脳の役割は全身から送られてきたあらゆる情報を受け取り、神経系やホルモン系、血流などを通して全身をコントロールする司令塔です。

生体自然療法では全身から送られてきたあらゆる情報を受け取るという脳の仕組みを利用して、身体を様々な方法で刺激し、神経系を介して最適な刺激を脳に送り込み脳内環境を整えています。

生体自然療法では脳内環境を改善する療法を多数用意しております。なぜなら、一人一人の症状や体質、生活習慣などによって効果的な療法が違うからです。

そのうち、代表的な療法を2つ紹介します。

頭蓋調整

頭蓋調整

まずは頭蓋調整という療法です。
頭蓋骨は一つの塊と思われている方が多いと思いますが、実際には前頭骨、頭頂骨、側頭骨などそれぞれの骨がパズルのように組み合わさってできています。正常な頭蓋骨はわずかですがリズム良く動いています。その動き悪くなると様々な不都合が起こります。その一つが脳脊髄液の循環が悪くなることです。

脳脊髄液の主な働きは脳の保護や循環が挙げられます。脳が水に浮く構造により衝撃の吸収という点での役割がまず1点です。そして脳や脊髄への栄養の補給や老廃物の回収といった循環の役割がもう1点です。

脳や脊髄神経、自律神経に栄養が行き渡らず、老廃物が溜まっていけば、神経の働きが悪くなり、様々な不調が現れることは容易に想像できますね。頭蓋調整は動きの悪くなった頭蓋骨の動きを引き出すことにより、脳脊髄液の循環を良くし、脳内環境を整えるのです。

足操術(フットセラピー)

足操術(フットセラピー)

もう一つは足操術(フットセラピー)です。足操術は、自律神経とホルモンの中枢である「間脳」を調整することにより心身のリラックス状態に導く「間脳調整法」です。

足指を揉んだり、刺激を与えたり、足首を回したりすることで感覚神経を通して、脳に刺激を与えることにより脳内環境を整えます。頭蓋調整も足操術も脳内環境と整えるために行なっています。

脳内環境が整うということは脳がリラックスしている状態で、一種の瞑想状態です。ほとんどの患者さんからは今まで味わったことのない気持ち良さだとびっくりされますね。

その他にも脳内環境を整えるための療法がたくさんあります。それぞれの療法には、それぞれの目的があります。あるてらすでは一人一人に最適な療法を選択し提供させていただいております。

氣の流れの調整

氣の流れの調整

もう一つ生体自然療法で行っている大切な療法があります。それが氣の流れの調整です。

氣と言われて、怪しい・・・と思われる方もたくさんいらっしゃると思いますが、日本では氣という言葉を日常生活で頻繁に使っています。病氣、元氣、雰囲氣、短氣、陽氣、陰氣・・・。その他にもたくさんありますよね。「病氣」という言葉を見ると「氣」が「病む」と書きます。読んで字のごとく、「氣」が「病む」状態が病気ということです。もう一つ「元氣」という言葉です。「氣」が「元」に戻ると書いて「元氣」です。「氣」が「元」の状態にあることが「元氣」なんですね。

生体自然療法では氣が滞った状態(病氣)を氣の流れをよくすることにより「元氣」な状態へと導くことも行なっています。氣力がある状態、生命エネルギーが高い状態に導くと言い換えると理解しやすいかもしれませんね。

生体自然療法では氣というものも積極的に療法に取り入れて改善への道へ導いています。氣においても、ご自宅でできるセルフケアがありますので、必要であればご指導させていただきます。

生体自然療法の特徴を簡単にまとめると

「西洋の身体観」と「東洋の身体観」の統合です。
そして、主な療法は生活習慣の改善、脳内環境の改善、氣の流れの改善を目的に行っており、院内での施術のみならず、自宅でのセルフケアを大切にしているところです。
生体自然療法では様々な療法の中からお一人お一人の症状や体質、生活習慣などに合わせた最適な療法を組み合わせて、お一人お一人にあった療法を提供しております。

最後に

あるてらすに通われるほとんどの方は複数の治療や療法を受け続けて、期待するような効果を得られなかった方々です。私たちはそんな方々の最後の砦になるべく、お一人お一人に対して最善の療法を提供させていただくことを大切にしております。

あるてらすの想いや考えに共感していていただき、ご縁をいただいた方々、お一人お一人に対して真摯に向き合うことが私たちのポリシーなのです。