改善率 アトピー性皮膚炎93.6% アレルギー90.2% 自己免疫疾患90.6% 自律神経失調症92.4% ※改善とは、初診時よりも症状が軽減し、状態が良くなっていることです。完治ではありません。 どんな症状の人でも3ヶ月で改善の兆しが見えてきます。 改善率 アトピー性皮膚炎93.6% アレルギー90.2% 自己免疫疾患90.6% 自律神経失調症92.4% ※改善とは、初診時よりも症状が軽減し、状態が良くなっていることです。完治ではありません。 どんな症状の人でも3ヶ月で改善の兆しが見えてきます。

「あるてらす」は、アトピー・アレルギー・自己免疫疾患・自律神経失調症の専門治療院です。

病院でも、心療内科でも、鍼でも、漢方でも、食事療法でも、治らない。
このままツラい症状とずっとつき合わないといけないの?

傷ついてきたあなたへ

アトピーや自己免疫疾患などの方の多くは、
「いつになったら治るのか」と出口が見えない不安で、
肉体的にも精神的にもツラい日々を送りがちです。そんなあなたはまず読んでください。

改善事例

3ヶ月で、ほとんどの方に
なにかしらの改善が生まれます。

アトピー性皮膚炎

20年ぶりに再発したアトピー。6ヶ月後には痒みや湿疹が完全になくなり、本来の白くてすべすべの肌に

山田さん(仮名)との出逢い 山田さん(仮名)が初めて来院されたのは2016年9月。たまたまフェイスブックで、投稿を見られ、「ここならアトピーを治してくれる…

アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎

産まれてすぐアトピーを発症。ステロイドをはじめ、さまざまな療法を試すも思うような効果が得られなかった...

山田さん(仮名)との出逢い 杉田さんは28歳で私と同じ理学療法士です。高校時代はサッカーの強豪校で全国大会に出場経験があったり、大学院では医療工学を専攻…

橋本病 患者さんの改善事例
橋本病・自己免疫疾患

甲状腺低下症(橋本病)で薬を飲み続ける日々。4年間飲み続けた薬を飲まなくてもよくなり、ジョギングを再...

中島さん(仮名)との出逢い 中島さんは68歳男性です。3年前まで高校で社会科の教師をされていました。今は定年退職され、健康のために、散歩をするのを日課と…

改善事例をもっと見る

あるてらすの特徴

なぜ、いっこうに治らなかった疾患や症状が、
改善してしまうのか。

アトピー・アレルギー・自己免疫疾患・自律神経失調症の専門治療院です。

アトピー・アレルギー・自己免疫疾患・自律神経失調症の専門治療院です。

自己免疫疾患やアレルギーなど難治療と言われる疾患、病気ではないけど体調がすぐれない不定愁訴、自律神経やホルモンに関わる症状を中心に対応しています。

改善率90%以上

アトピー性皮膚炎93.6% アレルギー90.2% 自己免疫疾患90.6% 自律神経失調症92.4%

ここまで改善する理由は、病気や疾患という結果ではなく、結果をつくりだす根本的な箇所にアプローチしているからです。

3ヶ月という改善ラインを決めています。

3ヶ月という改善ラインを決めています。

最初の3ヶ月でなにかしらの改善を味わっていただくことをお約束しています。症状や生活習慣にもよりますが、1~2ヶ月の間は体調が波打ちます。そして、3ヶ月あたりから上昇し、ゆるやかな波に落ちついていきます。

治ればなんでもいいんです。療法にこだわりません。

治ればなんでもいいんです。療法にこだわりません。

あるてらすは、ひとつの療法にこだわりません。西洋医学、東洋医学、薬物療法、食事療法、運動療法、免疫療法、針治療、心理療法。効果の出るものはすべて使います。

患者さんの声

「治れば、なんでもいいんです」「はい。治れば、なんでもいいんです」「治れば、なんでもいいんです」「はい。治れば、なんでもいいんです」

治れば、なんでもいいんです

こんにちは、「あるてらす」院長の田中です。
患者さんからいただいた、僕にとって大切な言葉「治れば、なんでもいいんです」。
もし自分がアトピーになったなら、もしガンになったなら、なんでもいいから治ってくれればいいって思うはずなんです。どんな方法で治すかにこだわらないと思うんです。だから、共感するんです。「治れば、なんでもいいんです」

医学がこれだけ発展しても、未だに原因が解明されていない病気はたくさんあります。原因が分からないということは、これをすれば確実に治るという方法がないということなんです。
だから、世の中にはありとあらゆる療法が存在するのです。
西洋医学、東洋医学、薬物療法、食事療法、運動療法、免疫療法、針治療、心理療法…。

ある人にとっては効果はあるが
ある人にとっては効果がない

薬物療法で良くなる人もいるし、漢方や食事療法で良くなる人もいる、免疫療法で良くなる人もいるし、心理療法で良くなる人もいる。
どれも、ある人にとっては大きな効果のある療法であり、ある人にとっては残念ながら、効果のない療法でもあります。逆に悪影響を与える療法にもなってしまうこともあります。おそらく医療に携わる人なら、そのことを経験から知っていると思います。多くの患者さんも自ら経験してそう感じているかもしれません。

例えば、10人アトピーの人がいたならば、10通りのアトピーの良くなり方があります。体質も違えば、性格も違う、生活習慣も違えば、生活環境も違う、経過も違えば、症状も違う。一人一人違って当たり前なんです。つまり、良くなり方も違って当たり前なんです。まさに十人十色。

しかし、十人十色といえども多くの患者さんと接していると、疾患にまつわる症状や生活への影響、経過など、そしてその乗り越え方などには、それなりの共通部分があることを経験します。
これらの経験と療法家としての知識や技術を組み合わせるからこそ、一人一人にあった最適な療法を提供できるのです。

私たちのポリシーは「治れば、なんでもいい」。
どの方法を使って治すかには
こだわりはありません。

生体自然療法を基本とし、食事療法、運動療法、呼吸療法、氣、手技療法、頭蓋調整など、さまざまな療法をご用意しています。

もちろん、私たちの力だけで良くなるとは考えていません。薬物療法や手術などの西洋医学、東洋医学や鍼治療なども併用する必要があるならば、もちろん併用をお勧めします。なぜなら、それぞれの療法にはそれぞれの強みがあるからです。

だって、「治ればいいんですもん」だって、「治ればいいんですもん」

対応できる代表的な疾患

あるてらすが対応する疾患一覧です。
自己免疫疾患やアレルギーなど難治療と言われる疾患、
病気ではないけど体調がすぐれない不定愁訴、
自律神経やホルモンに関わる症状を中心に対応しています。

  • アトピー性皮膚炎
  • 自律神経失調症(不眠、耳鳴り、冷えなど)
  • アレルギー疾患(喘息、かゆみ・湿疹など)
  • 頭痛
  • 自己免疫疾患(バセドウ病、橋本病、膠原病など)
  • うつ・パニック障害
  • 更年期障害

推薦の声

健康ブログ